紹介予定派遣として働くには

派遣スタッフとして働くには 紹介予定派遣と一般的な派遣社員との違いは、一定期間派遣社員として働いた後、正社員になれるかなれないかの違いだといわれています。正社員として働きたいという場合には紹介予定派遣として働くと良いかもしれません。

この紹介予定派遣として働く場合には、一般的な派遣会社と同様にまず派遣会社に登録することが必要になります。登録に関しては職務経歴、スキル、プロフィール希望職種などを登録することが必要になりますので、実際に派遣会社まで出向いて面接などを行なうことが必要です。

そして自分が気に入った会社が見つかったら実際に働くことができますが、その前に社員として入社した場合の待遇なども知ることができます。派遣社員として働くのは最長6ヶ月ということになっていますが、その期間のサポートなどは派遣会社が行なうことになり、派遣期間終了時の意向確認や労働条件の手続きなども派遣会社の社員に行ってもらうことができるようになっています。ちなみに正社員として契約するためには双方の合意が必要ということになりますので、派遣先の企業からの評価も重要になります。いずれにせよあらかじめ企業の雰囲気などを知った上で正社員契約ができるというメリットが大きいのが紹介予定派遣の特徴だといえるでしょう。

Copyright (C)2022派遣スタッフとして働くには.All rights reserved.